• 〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-33-18
  • お問合せ
    tel_bumber

Web予約は再診患者様のみになります

menuI

病状

動悸

緊張しているときの動悸は交感神経の働きによる(大勢の人の前で話すとき胸がドキドキするといったこと)ものなので正常の反応といえますが、特に緊張するような場面でもないのに、頻繁にドキドキと動悸がするのは病気のサインであり、重篤な病気が隠されている場合もあります。

心臓は時計のように規則正しく拍動を繰り返しています。不整脈とは病的に脈が乱れることをいいます。不整脈が多くなると胸がどきどきするなど動悸といった症状で現れることが多いです。また脈が抜ける、脈がとぶ、といった症状で現れることも多いです。不整脈のタイプの中には気を失うなどの失神症状、めまい症状をきたすものもあります。こういった症状の方は循環器内科の専門外来の受診をお勧め致します。

当院では、適切な検査(心電図・24時間ホルター心電図・心臓超音波検査など)を行うことにより動悸が起こる原因を究明し、適切な治療を行うことを心掛けています。

24時間ホルター心電図

小型軽量の装置を身につけて、日常生活中の長時間の心電図を記録して、これを解析して観察する検査です。 不整脈は出たり出なかったりするため、実生活の中で長時間の心電図を記録し続けるこの検査が欠かせません。記録した波形をみて症状との関連を調べたりすることもできます

pagetop
Copyright © MURAKI CLINIC